決めるぜ覚悟

暇人募集

読めば使えるシンクロ召喚、後は色々伝えたい事とか

どうも、sasuraiです。ブログ書きたくなったんで書きますね。特に面白い話とか最近無かったので本題行きます

 

まず現在の構築がこれ

f:id:kishimotosaw:20200114093103j:plain

パっと見ただけでも誘発が10枚、ssレベル3が10枚、指名者が6枚と展開系としてもデッキとしてもかなり高水準に組み上げられたんじゃないかなと思います。

まぁパっと見ただけじゃなんとなくしかわからないと思うので採用理由書いていきます

 

デッキ解説

 

ssレベル3合計10枚

”サイコ(ウィールトラック)” 3

緩い条件でss出来るデメリット無しのssレベル3だけど被ると使えないから2:1で散らしてる

”駿足のギラザウルス” 3

条件無しで生えてくるssレベル3だから3枚フル投入してるけど後手で使うと相手の墓地のディンギルスとかが生えてきて死滅する可能性あるから環境的には他のssレベル3に枠譲っていいと思う。

”化石調査” 2

ギラザウルス持ってこれるからssレベル3の枠だし後述するカーボネドンとか持ってこれて役割が広めなんだけど超雷いると使えなくなるからギラと同じで環境による

”緊急テレポート” 2

サイコ組を呼べるからssレベル3枠。チューナー非チューナー選んで呼べるから一番強い。

 

手札誘発合計10枚

”灰流うらら” 2

展開系の天敵である増殖するGに対して打てるからケアになるしレベル3だからこのデッキだと召喚することも結構ある。この2個の役割から基本的には抜けないカード。

”遡夜しぐれ” 1

新規の誘発、効果は弱めの泡影ヴェーラーだけどこいつもレベル3だから召喚することがあるし気持ちだけでも展開できる確率上げるために採用。

”エフェクトヴェーラー” 1

ヴェルテアナコンダにぶつけてドラグーン成立防いだり6投指名者引けてないオルフェ初動にぶつけると破産させれるから入れ得。初動にジェットとか絡んだ時にもデッキから呼ぶ1チューナーになるから入れといたほうが良き。

”増殖するG” 3

自分が抹殺の指名者で除外する用はとりあえずいるとしてドラグーンのアナコンダ初動にぶつけて泡ヴェとかssレベル3引きに行ってドラグーン不成立とか物量での貫通狙う時にも使うしまず通ればターンスキップレベルで相手が止まることを強要される誘発だから枠あるデッキには入れない意味ないかなって感じで3。

”無限泡影” 3

いつでも使えるヴェーラーだし。墓穴の指名者打たれないし、後手の返しでウーサとかに打っても強いし、入れない意味ないし、卍。

 

1枚初動合計6枚

”デスガイド” 2

後述するシザーが2回分動く事考えるとシザー呼べるこいつは1体でレベル3×3体分の動きが出来ることになる。3を初動にも誘発貫通にも後手の返しにも使うこのデッキだと絶対に入れないといけない。

”マスマティシャン” 2

シザー落とせば3×2を作れる。シザーが手札をデッキに戻して出せる効果だから素引きしたくないカードとか戻せて◎。

”ギャラクシーワーム” 2

マスマティと同じでレベル3×2を作るカードだけどシザーは絡まないからいらないカードは戻せない。でもジェットとかの手札コストも考えると一長一短って感じ。結局1枚初動は出来るだけ取りたいからこの合計6枚は前後しなさそう

 

指名者合計6枚

”墓穴の指名者” 3

このデッキは泡とかヴェーラーみたいなしょうもな誘発は後述する基本√だけで貫通出来ちゃうから物量では貫通出来ない増殖するGに使うことが多い。ライブラで引きこめたり相手から誘発飛んでこなくて余ったりしたら伏せて妨害にも使えるし強い。

”抹殺の指名者” 3

墓穴と同じ役割だけど名称ターン1がついてる。でも絶対に増殖するGが止めたいから合計6。サイチェン後だとニビルとか止められるからマッチレベルで考えると墓穴よりパワ―高いかも。

その他 9

”エッジインプシザー” 1

マスマティとかガイドで触るためのカード。素引きしても3×2体分の仕事だから一緒に引いてるssレベル3と組み合わせて展開が始まるから引きたい部類ではあるけど触るカードがあるのに過剰に積む意味もないから1

”カーボネドン” 1

こいつはケルビーニで落としてチューナー用意するのに使うから素引き弱いと思われそうだけどこいつとssレベル3で動いてケルビーニの落とす先をエッジインプシザーにすればssレベル3追加してるのと同じ展開になる。強い

”幻獣機オライオン” 1

アウローラドンで呼ぶ用のチューナー、こいつと後述するギャラクシーサーペントだけは引いた時の役割がほぼないからこのデッキでのいわゆるゴミは合計2枚ってことになるけど、素引きしてもシザーで戻したり召喚権余ってるならだして基本展開に行けるから結局のところ困らない。

”ジェットシンクロン” 1

ハリファイバーで呼ぶ用のチューナー、1チューナー2体分として動けるこのデッキ唯一のカードでこいつがいないと細かいチューナーの生成が出来なくてコズミックの成立が難しくなるから入れたほうが◎。

”妖精伝記シラユキ” 1

ライザーで落として3妨害作る用。相手のエクストラモンスターゾーンに出てきたデュガレス裏にして人生終了させるのとかよくやるしモンスターを裏にするっていう妨害方法自体がリンク召喚最強現代だと1ターンの間消滅させてるのに等しいからリンク召喚多用してくるデッキには最優先で成立させにいきたい。

”星杯の守護竜" 1

リースで呼んできて展開伸ばすカード。素引きしてもアウローラとかハリに対する無限泡影とかヴェーラー止められるしリースで持ってきたこいつが余れば相手がコズミックにウィドウアンカーとかぶつけてから展開しようとしてくるのを止められるからいい奴。

”星杯の妖精リース” 1

イヴで呼んできて上の守護竜絡めれるようにしたりこいつ自体がこのデッキ唯一のレベル2非チューナーだからシンクロ召喚成立させるためにも入れときたい。ギラ+レベル3とかの召喚権使わずに動ける手札の時とかは召喚して守護竜持ってくると泡ヴェがケア出来るからとても強いし墓地効果を超融合ケア展開とかで使う。あとふとももが世界で一番えっち

”ギャラクシーサーペント” 1

カーボネで呼ぶ用の2チューナー、こいつもワームもギャラクシーだしこのデッキギャラクシーみたいなところがある。

”星遺物を継ぐもの” 1

イヴで持ってこれる死者蘇生、後はイラストがエモいぐらいしか語ることが無い。

 

EXデッキ 15

 

”リンクロス”

初動で絡めたケルビーニをマーカー1非チューナー2に変換できるバグカード。いつかシンクロがリンクロスロスを味わうことになると思うと涙が止まりませんねふふふ

”彼岸の黒天使ケルビーニ” 

このデッキが3×2だけで動くのに絶対に絡めないといけないカードだからいる。リンク先が効果破壊されないのとこいつ自体が耐性持ってるのを利用してガンマとかドラグーンみたいな無効破壊系を貫通しながら動くこともある。

”水晶機巧ハリファイバー”

このデッキに数枚しか採用されてないチューナーもこいつ出すだけで触れるのが非常によい。相手ターンにsチューナー出せる効果使って相手ターンシンクロ狙うこともあるしシンクロ召喚するデッキだったら入れ得の部類。

”トロイメアユニコーン

後述するルートでセンサー万別とか超える時に使うのとシンプルに出すだけで1枚デッキバウンスする効果がバグだから入れたほうがいい。

”幻獣機アウローラドン

リンクロスは非チューナー出せるのが強くてハリファイバーがチューナー出せるのが強いって言ったけどこいつは両方出せるから多分世界で一番強い。1体リリース効果が盤面破壊なのもあってユニコーンアウローラを併用すると盤面処理しながらのワンキルとかも狙える。役割が広すぎる・・・

”No,75 惑乱のゴシップシャドー”

ハンドにレベル3があふれたときに雑にケルビーニの下で作って誘発ケアになる。以上

”武力の軍奏”

シンクロチューナーで出たときにチューナーが蘇生出来てこいつをシンクロ素材にシンクロ召喚したシンクロモンスターもシンクロチューナーになるからこいつだけで約1億体のチューナーが用意出来るってことになる。

”星杯の神子イヴ”

出ただけで死者蘇生持ってこれるし墓地行くだけでモンスター2体持ってこれるからどんなデッキでもとりあえず絡めとけば展開が楽になる。あとふとももが最強にエロイ

”シューティングライザードラゴン”

前述したシラユキ墓地に送ると単体で3妨害作れるから滅茶滅茶に苦茶(強い)

レベル調整できるシンクロチューナーだからコズミック出すまでにも結構な頻度で使う

”ABF雨隠れのサヨ”

ソハヤで釣る用のシンクロ2非チューナー、BFで使われてるの見たことない

”ABF五月雨のソハヤ”

サヨ釣って非チューナーシンクロを簡単に2体作れるからコズミック成立狙うデッキだとサヨソハヤギミックが強い。サヨ+3チューナーでこいつ作るとなぜかチューナーになるバグが発生する。

”TGハイパーライブラリアン”

手札誘発とか指名者みたいな盤面以外のところから作れる妨害を引きに行って冥王結界波をケアしに行くのに使う。後打点が高いからワンキルしに行くのに使うぐらい。

”PSYフレームロードZ"

ライザーとシラユキでの相手ターンシンクロで出す先。リンクモンスターが全員攻撃表示でしか出せないからとりあえずこいつ出して相手のリンク値2以上を飛ばしとけばなんとかなる。

”ヴァレルロード・S・ドラゴン”

回数制限あるけど万能無効持ってるしアウローラ装備すれば打点が4000超えるし多分バケモノ。

”コズミックブレイザードラゴン”

場持ちがとてもいい1妨害。この前CS出たけど出したら相手が諦めるから一生効果使えんくて4000で殴るだけだった。悲しい

 

サイドデッキ 15

”AFロンギヌス” 2

環境で流行りのオルフェゴールが除外多用するデッキだからぶつけたら1ターンくれる。あとは自分の増殖するGに指名者系ぶつけられた時に合わせてロンギぶつけると指名者不発にしてG通せるとか。

”ドロール&ロックバード” 3

自分が先行の時に増殖するGで引かれる枚数を1に抑えるために入れたり相手がエンディミオンとか未界域、後はセフィラみたいなドローかサーチ多用してくるデッキだと誘発として機能する。どのデッキも生半可な誘発だと物量で貫通してくるから根本的に動きの部分潰せるこのカードは最大枚数入れたいなと感じたから強気の3。CSで使った感じは最強だった。

”彼岸の悪鬼ハックルスパー” 1

マスマとかガイドから触れば動きの中でバック剥がせるのが手札誘発で前の展開だけしか止めれないこのデッキの弱点を補うような動きが出来ていい。ケルビーニ成立後なら普通にssレベル3として使ってゴシップの成立狙ったりもできるしいいやつ。

”原始生命態ニビル” 1

抹殺の指名者で除外する用に1枚と有象無象の展開系がぶつければ止まりそうだなぐらいの気持ちで1。指名者用はいるだろうけど誘発としては弱そうだった。

”冥王結界波” 3

前展開が強め、というより一切後ろでの妨害が作れないエンディミオンとかにぶつけると対面が発狂して勝てる。理不尽で負けるのが嫌なら入れておくべき。

”ハーピィの羽根帚” 1

ライストと違ってゲームがもたついた時に自分の盤面があっても打てるの評価してこっちにしてる。オルターガイストとかに対してしか入れないからリブートと合わせて3

”レッドリブート” 2

相手が妨害を罠に依存してるデッキだと打つだけで勝てるから役割としては結界波みたいな感じ。ただライフ半分払うのがETとかでの負け筋を作っちゃうから使ったターンにはできればキルしたい。

”王宮の勅命” 1

こっちが先手の時に相手の誘発でライザーシラユキサベージぐらいしか立たない盤面を強固にしてくれるカード。1戦目にゴリゴリの先行展開見せれば相手が前盤面の除去札しか入れてこないから後ろのこれが通ってイージーウィンみたいなことはある。

”虚無空間” 1

上の勅命と同じ役割、両方制限だから合わせて2枚だけど魔封じの芳香とか入れて3枚にしたい気もする。

 

デッキ解説が上記に書いてあることで大まかにはわかると思うので展開ルート貼っておきます。

 

”基本展開”

sasurai on Twitter: "ブログ用 3×2から超融合冥王結界波ケア3ドローライザーシラユキコズミック… "

”誘発ケア展開”

sasurai on Twitter: "ブログ用 3×2からアウローラ前サベージ立てつつコズミック… "

sasurai on Twitter: "ブログ用 3×2からハリファイバーに対する誘発ケアルートへの移行(対象耐性付与ライザーシラユキサベージでの4妨害)… "

”レベル3の追加でのニビルケアルート”

sasurai on Twitter: "ブログ用 3×4からの二ビル貫通ルート… "

”レベル3の追加でセンサー万別や王宮の勅命を貫通できるルート”

sasurai on Twitter: "ブログ用3×3からユニコーン経由基本展開… "

 

ここからは構築するときに考えてたこととか使ってみて思った事とか強みだとか弱みだとかを書いていこうかなと思います。

注意 ここから先の文章はこの構築におけるかなり重要な構築理念や構造上の話などをしますが特に真面目に使うつもりでは無く、ブログを楽しむなどの目的で来て頂いた方は飛ばしても問題ないと思います。

逆に、このデッキを使おうと思っている方であったり今後も”シンクロ召喚”を使っていきたいと考えている方は”絶対”に読み飛ばさずに一文一文を欠かさずに読んで頂きたいです。

 

まずこのデッキの強みは誘発10とか指名者6とか見てわかると思うんですけど枠が非常に多いところなんですが、なぜここまで自由枠が多いのかって話をしていこうと思います。

これは話すと多少長くなるんですけど

まずこのデッキってメインデッキで√に絡めるチューナーはカーボネで呼ぶサーペント、ハリファイバーで呼ぶジェット、アウローラで呼ぶだけで非チューナーに関してはほとんどリンクロスやアウローラで生成するトークンを使っているんですよね。

これがつまりどういうことかって言うとシンクロするデッキにありがちなドッペルウォリアーと〇〇を引いて連続シンクロ!などとは違い、

非チューナー側やチューナー側を素引きすることが要求されておらず、チューナー非チューナーを素引きする必要が無いのだからメインデッキに採用する枚数を最低限に出来るってことなんです。

例えばドッペルウォリアーやディアボリックガイ等の1体で非チューナー複数体分になれるカードは確かに強いカードなんですけど、前述したとおりルートが素引き前提だったり

素引きしなくてもいいようにデッキから呼べるように剛炎イゾルデギミックを入れたタイプはそもそもその剛炎イゾルデにあてるリンク値をリンクロスアウローラに当てれば枠の節約にもなるしそもそもドッペル持ってくるためだけにあまりにもアドバンテージを無駄にし過ぎている

他にもエクストラデッキに使いまわすため用の天輪を入れないといけなかったりシンクロ素材に混ぜるために4とか6のシンクロチューナーを入れる事を強要されたりととにかく特定のカードのためだけにやらないといけないことが多すぎるんですよね。

であればチューナーも非チューナーも必要なときに持ってきやすいカードでいい。という考え方に辿り着けてシンクロ召喚するためにはドッペルウォリアーやそれに代わる非チューナー生成ギミック(ディサイプルディヴォーティを使用したサイバース族でのトークン生成ギミック、ブリリアンフュージョンを使用することによって得られる爆発的なアドバンテージで無理やりシンクロ召喚にルートを持っていく等方法は人によって多種多様ではあるが、どれも特定のカード+特定のカードの素引きをしなけば展開が続かないという弱点を克服できていない)が必要だという考えを捨て

剛鬼やゼンマイ、たんぽぽサンバがそうであったように、特定のモンスターを召喚するだけで展開が始まる1枚初動のギミック、そしてそれと組み合わせて誘発の貫通になる展開札(このデッキだとssレベル3)

さらにその組み合わせで誘発貫通になる展開札の被りですら展開を作ることが出来る(ギラトラッカーやトラッカーウィールダー等)という動きの再現性の高さ(全盛期のリンク召喚のデッキは全て3×2での展開、(インヴォーカー、ゼンマイティ、ケルビーニ)を有していたが一方シンクロ召喚はチューナーと非チューナーをそれぞれ別のカードで用意しなければ動けないという召喚方法自体の欠陥のせいでそのような展開の再現性を有していなかった)がこのデッキの圧倒的なスロット数を生み出しているわけです。

そしてそうして得られた圧倒的なスロット数を何故指名者6誘発10に使ったかという話をします。

前提として、先行での前展開を行うことによる利点は間違いなく全て通り切ったときのイージーウィンにありますが

それを確実に阻もうとしてくるカードが相手側の手札誘発であり、それらは当たり前のように10枚前後採用されていて

そして当然の用に毎試合飛んでくるわけです。 ただそれだけであり、自分のターンにカードの効果が1枚無効にされるだけだとか墓地のカードが除外されるだけであれば

こちら側の動くためのカードのほうが多いのだから当たり前に貫通出来ます(対戦相手から飛んでくる平均的な手札誘発は2枚、展開系は先行であれば手札をフルに使うことが可能でありその枚数が5枚であるため)しかし、その形式を全て覆す手札誘発が増殖するG、浮幽さくら、ニビル、ロンギヌス、ドロバ等の単発での妨害に収まらず。1枚で複数枚のカードをもぎとっていくカードってわけですね。

それらのカードはただ1枚使うだけで展開系が展開に使うための必ず通らなければならないエンジンを消滅させたり、そもそも展開が終わって相手にターンを返す直前の盤面を全て覆してきたり。

こちら側が用意できる妨害数を大幅に超えるハンド数を相手に与える事を強要してきたりとにかく展開という概念を否定してくるわけで、それらは動きで超えるというのは非常に厳しいわけです。(アザトートを代表するエクストラデッキから用意できるこちら側の使える、1枚で不特定多数のカードの存在を消滅させるカードを使用することが出来た時期は不可能ではなかったため)

だからこそ、これらのカードに対して、こちら側が素引きすればなんとか対抗できる指名者を最大枚数入れなければならないってわけですね。

そして次は手札誘発の話ですがこちらはすぐに終わります。

単純な話、展開系が後手を取らされた時に相手の妨害を越えれないからですね。

現代遊戯王は先行側が作ってくる盤面がそもそも普通であれば超えられないであろうという水準をはるかに超えている盤面であり。言葉通りこのデッキではそういった盤面を乗り越えることが出来ないのだから。

それらの盤面を作られる前にそもそも手札誘発で妨害して相手に満足いく盤面を作らせないようにしようってわけです。ただそれだけの話で、いれられる枠が10だったから最大枚数の10枚を入れています。

 

今回はこれで終わろうかなと思います、書きたい事とか増えたら加筆したり新たにブログ作ったりすると思うので良ければTwitterのフォローとかよろしくお願いします。

それでは皆さん見て頂いてありがとうございました。さようなら

@hubby_megmeg31